矯正歯科でコンプレックスを克服しよう!

審美的な側面での矯正歯科

歯並びの悪さを解消したり、上顎前突や噛み合わせの悪さを解消したりなど、矯正歯科を受診する理由というのは人それぞれさまざまなです。その中で、歯並びの悪さをコンプレックスにしている人もいることでしょう。矯正歯科というのは、歯並びの悪さが発音に影響を与えていたり、また歯並びが悪いことによって虫歯ができやすかったりなど、基本的にはそういう実務的な用件で歯列矯正を受けるというケースが一般的です。しかし、歯並びが悪いということがコンプレックスになっていれば、内向的になってしまったり、コミュニケーションがうまくいかなかったり、はたまた思い切り口をあけて笑うことができなかったりなど、その人の精神面にも暗い影響を落とすことが少なくありません。 矯正歯科はそういった審美的な側面をより良くするためにも受けるものです。矯正歯科を受けて、歯並びの悪さがが解消されたことによって、前よりも前向きになれたとか、笑顔をためらいなくすることができるようになったという人もたくさんいます。

歯並びの悪さが愛嬌となることもあるが

日本においては、歯並びの悪さがちょっとした愛嬌になることもありますよね。たとえば、八重歯なんかは可愛らしさの象徴として、むしろ八重歯になりたくて歯を削ってしまったりする人もいたりします。しかしこれはこと日本に限った事情であって、たとえばヨーロッパなどでは歯並びが悪ければ歯列矯正を受けるというのが普通なのです。 ヨーロッパでは、歯並びが良いということが一種の富貴の象徴となることがあるのです。いかに歯が美しいかが、育ちの良さを反映しているというわけですね。歯にお金をかけることができるということがステータスになったりするのです。 幸いというべきか、日本にはこうした習慣というか、歯にお金をかけたからと言って特別富の証明になったりはしないわけですが、それでもやはり日本にも歯並びをコンプレックスとしている人は少なくありません。特に歯というのは、人の目が行きやすい個所でもあります。歯列矯正は大人になってからも可能な治療です。特に社会人などは、第一印象も大事になってきますよね。年齢制限がないからこそ、早めに矯正して、何事にも前向きになれればそれに越したことはありませんね。