矯正歯科の賢い選択方法について

歯列矯正歯科の選択で注意する点

厚生労働省の調査によると、歯科クリニックを開業している医院は7万軒近くあり、歯列矯正を行うことを治療項目に入れている医院は3万軒近くあります。その中には、一般的な歯科クリニックの治療の項目の一つとして歯列矯正を行う医院や、大学病院の矯正科のような設備が整った病院施設、さらに、歯列矯正専門に行っているクリニックといった医院があります。 一般的な歯科クリニックの場合、歯列矯正の経験が少ない医師が矯正を行う場合があります。こういった医院を利用する際には、医師の歯列矯正経験を確認してから治療を受けることが大切です。大学病院の矯正科のような病院では、ほとんどの場合が研修医が当たってしまいますので、教授や助教授とのコネクションがない場合は気を付ける必要があります。一方で、大学病院は顎の骨の外科的な治療を含むなどの特殊な矯正の場合には、設備と技術が生かされますので症状に応じて選択することが大切です。歯列矯正専門のクリニックは、医師だけでなく衛生士等も歯列矯正の知識を持っているケースが多く、経験については期待できます。一方で虫歯の治療はできませんので歯の状況を確認の上選択することが大切です。

日本矯正歯科学会の専門医制度

歯列矯正は、矯正の経験が生かされる治療になります。そのため、より多くの治療をトラブルなく行ってきた医師を見つけることが大切です。 歯列矯正の研究と技術の向上を促進している期間として、日本矯正歯科学会という学会が存在します。日本矯正歯科学会では、医師の経験に応じて認定医と専門医を認証する制度があります。認定医は、日本矯正歯科学会が指定する研修期間において、基本研修と5年以上の臨床研修を受けた上、論文提出等の様々な条件をクリアした医師に与えられます。また、5年ごとに認証の更新を行う必要があるため、常に一定のレベルを保たなくてはなりません。専門医は認定医より上の認証となり、認定医の資格を持ち、10年以上の経験を持ったうえで、専門委員会による審査を通過した医師のみが認証されます。こちらも5年ごとの更新が必要なため、常にレベルを保たなくてはなりません。十分な知識を有する医師が働く医院を探そうとお考えでしたら、日本矯正歯科学会のホームページに認定医、専門医のリストが公開されていますので、確認すると良いです。